子ども医療費助成

子ども医療費助成

子ども医療費の助成制度は、それぞれの自治体で違っているのを知ってますか?ここでは、子ども医療費の助成制度を調べる上で、注意すべき点を書いていきます。

お気に入り通販 > 子ども医療費助成

子ども医療費助成制度

子どもの頃というのは、しょっちゅう病気になったり、思わぬケガをしたりしがちで、病院に行く機会が何かと多いもの。そのころの医療費は、未就学児なら2割、小学生以上なら大人と同様の3割負担になってます。

ただ、その負担分をかわりに自治体が払ってくれる制度が、子ども医療費助成制度です。ただ、この制度は、市町村や都道府県によって違います。もし、結婚して赤ちゃんがこれから生まれる、そんな状況なら助成の手厚いところで住みたいと思うのではないでしょうか。

自治体によって助成される金額も違いますが、対象となる子どもの年齢も異なります。小学生までで終わるところもあれば、中学生や高校卒業まであるところもあります。また、所得の制限を設けているところもありますので、所得の多い子育て世代の方はその点も注意が必要ですね。

子ども医療費受給者証

子ども医療費助成制度を使う上で、忘れていけないのが子ども医療費受給者証です。これは、それぞれの自治体が発行しているもので、これがないと基本的に助成が受けられません。

また、気をつけて欲しいのは、これは発行した自治体でしか適用されないこと。ただ、他の自治体で病気になって病院にかかったとしても、一度立替払いをして、それを住んでいる自治体に申請すれば、あとからお金を返してくれるところもあります。ただ、それは各自治体によって異なるので、よく確認をしておいたほうがいいでしょう。

子ども医療費助成制度 入院

医療費の助成があってとてもありがたいのは、入院の時ではないでしょうか。しかし、入院のときに気をつけてほしい点があります。それは現物支給なのか、償還支給なのか、という点です。

現物支給というのは、病院の窓口でお金を払う必要のない方法です。一方の償還払いというのは、一度病院の窓口でお金を払い、その分が後から返ってくるという方法。結果から見れば同じことなのですが、お金を事前に用意する必要があるという点が大きく違います。また、通院と入院とで助成内容が違うケースもあるようです。そのあたりも一度確認をしておくことといいでしょう。

医療費の助成制度は、子どもが健康保険に加入してないと入れません。ですから、妊娠がわかったら、すみやかに必要な書類を用意しておき、出産したら申請をすぐにできるようにしておくことをおすすめします。また、所得制限をしている自治体もありますので、そのあたりの確認も一緒にしておくといいでしょう。

子ども医療費助成 トップへ戻る